なんでもみんな取り入れて、楽しんじゃえ!人生楽しくなっちゃうよ。

「イースター」を皆さんは知っていますか?
卵やウサギのデコレーションされたお店も数多く見え始め、ハロウィン同様に、徐々に浸透し始めていますよね。
この「イースター」とは、キリスト教のお祭りのひとつで、キリストの“復活”をお祝いするものだそうです。
一見すると、動かず、死んだものかと思える卵がかえる様子はまさに“復活”を表していると言うことで、イースターのモチーフになっているようです。
そして、この卵にカラフルな模様を書くなどして、それを隠し、宝探しのように探させる遊びが“エッグハント”と呼ばれ、イースターのメインイベントとなり、子供たちに大人気の遊びです。
この“エッグハント”を我が家の子供たちもやり始めました。
発案者は10歳の長女。
卵形に切った紙に色鉛筆で絵を書き、それを隠して・・・とそこまではよかったのです
しかし、よく見ると、裏に、“3回まわってワンとなく”や“おねえちゃんをほめる”など、いろいろな指令が書かれていました。
それはすでに、“エッグハント”ではなく、“罰ゲーム”になっているのでした。
ですが、そんなことはお構いなく、2人の弟妹と一緒になって遊ぶ姿はとても楽しそうでした。
「子供は遊びの天才」とは聞きますが、何でも遊びに変えてしまい、楽しむことのできる子供は本当に人生を楽しむ達人なのだと思います。
そんな子供たちを見習って、“イースターとはこういうもの”と言う概念を取り払って、何でも良いものは取り入れて楽しむことができれば、きっと人生楽しいに決まっています。
だって、「人生楽しんだもの勝ち」ですもの。
動画編集ソフト おすすめ