ファンケル青汁

ファンケル青汁は、他の青汁より飲みやすく、宅配で冷凍で配送されてくるため、いつも新鮮な状態の青汁が飲めて人気です。ファンケルと言うと化粧品を思い出しますが、サプリメントや自然食品の製品のラインアップも充実しています。ファンケルの青汁は、その中でもヒット商品ですが、ファンケルの青汁には、冷凍にした製品と、粉末にした製品があります。

どちらもキャベツの原種であるケールが120gとたっぷり入っていますが、美味しさや飲みやすさでは、冷凍モノのほうが分がありますが、携帯するには粉末が便利で、水さえあれば何処でも飲めてしまいます。冷凍のファンケル青汁にはツイントースと言われるオリゴ糖の一種が配合されていますが、これは甘味を加えるとともにミネラル分も豊富で、一層青汁を飲みやすく栄養素を豊富にしています。

粉末のファンケル青汁には、ケール100%で、一袋で一日に必要な緑葉色野菜の栄養素が取れ、カルシュウムは最大牛乳瓶2本分が摂取出来ます。ファンケル青汁の粉末タイプには、ツイントースとを加えた一食分のな緑葉色野菜の栄養素が取れるタイプや、大豆粉末をミックスしたタイプなどもあり、外食の時のお供に便利です。

ファンケル青汁に使われるケールは緑黄色野菜の王様と言われるくらい、豊富な栄養素を含んでいますが、より一層栄養価の高いケールを目指して、中嶋農法と言う栽培法で作られています。中嶋農法とは土作りと作物の育成の関係を解明し、その植物に最適な土壌を作ることで、健康で栄養豊富な農産物を作ろうとするものですが、この農法を使ったけ契約農家に委託生産されたケールが、ファンケル青汁の原料となります。原料の栽培方法から製品化まで、一貫生産とも言えるファンケル青汁が、健康に悪いわけがありません。

何より自然素材をそのままの状態で提供する事は、サプリメントで栄養素を摂取するより、より効果的であり安全と言えます。またファンケル青汁に含まれるツイントースは、地凝りと言うよう野菜の根から抽出したものを使っていますが、ミネラル分や甘味ばかりでなく、ケールの栄養素の吸収を促進する働きがあって、カルシュウムなどの吸収を1.4倍も高める効果があります。

もともとケールのビタミンなどの含有量は、他の野菜や果物より多く、ビタミンcなどはみかんの2.5倍、カルシュームは牛乳の2倍、更にカロテンはトマトの実に5倍、ビタミンEはピーマンの3倍、ルテインはほうれん草の2倍と、満遍なく栄養素が含まれています。緑葉色野菜の不足がちな現代人には、ぜひお勧めの製品と言えるでしょう。