増大医薬品とサプリメントの違い

男性にとってペ〇スのサイズは重要事項です。男性としての自信にも繋がりますよね。巷ではさまざまな方法でペ〇スのサイズアップをめざすものが増えています。サプリメントやトレーニング、治療などペ〇スのサイズアップをめざせるものはたくさんありますよね。
ペ〇スのサイズアップに効果のある商品はたくさんありますが、中には医薬品も含まれます。ペ〇ス増大医薬品にはどのような効果があるのでしょうか?医薬品というのですから、副作用は発生するのか、など疑問も出てきます。
今回はそんなペ〇ス増大医薬品について、得られる効果とサプリメントとの違いについて、詳しく解説していきますので是非参考にしてみて下さい。
増大サプリと増大医薬品の違いは?
増大サプリと増大医薬品との違いはどういったものがあるのでしょうか?それぞれの特徴から、お互いの違いについて解説いたします。サプリメントを選ぶのか医薬品を選ぶのかによって、注意点も異なりますよ。
医薬品は処方箋必須
増大医薬品は医師による処方箋が必須となります。増大医薬品とはED薬という位置づけになるので、専門医からの処方箋を頂かない限り、薬を処方してもらえません。治療薬という扱いですので、個人で好きなように購入することはできないのです。海外製品の中にはサプリメントの中に医薬成分が配合されているようなものもありますが、医薬成分が配合されている時点で日本では購入できません。個人輸入を行うことはできますが、安全性が保障されていませんのであまりおすすめはできないのです。医薬品を購入する場合、日本では医師の判断が必要ですよ。
副作用の有無
医薬品は治療薬ですので、人によって薬に合う合わないが生じます。それ以外にも医薬品には副作用が生じる場合があるのです。医薬品としてのペ〇ス増大薬は治療のために作られています。医薬成分が配合されていることで、即効性がありますが副作用もあるということです。ED薬は血流を改善させ、勃〇起不全を改善させてくれる効果が得られますが急激に血流が流れ血液量が増えるため、心臓に負担をかけたり頭痛などの副作用が出てきます。ほとんどの場合は一過性ですので心配はありませんが、疾患を持っている方の場合は服用できません。ペ〇ス増大サプリは薬ではありませんので、即効性はありませんが健康被害が現れる心配は基本ないのです。
健康食品と医薬品
増大サプリはあくまでも「健康食品」という扱いです。上記でも触れましたが、医薬成分が配合されている場合はサプリメントとしての販売はできません。日本では規定がとても厳しいので健康食品の枠組みから超えるものは、薬として扱われ処方箋なしでは購入できないのです。販売されている増大サプリは、即効性がない分健康被害が現れる心配もありません。ただし継続しなければ体に効果が現れないという特徴も持っています。ED薬であれば勃〇起不全を改善させ、勃〇起力の向上は服用してからすぐに表れるでしょう。しかしサプリメントは徐々に体に変化が現れるので1日や1週間程度では効果が実感できません。さらに体質によって個人差もあるので、最低でも1ヶ月以上は継続して服用する必要があります。
サプリは健康をサポートするのが目的
商品によって増大サプリに配合されている栄養分は異なりますが、基本的にどのサプリメントも健康をサポートする目的で作られています。増大をメイン効果としておきつつ、ストレスの解消や血流改善のほか男性機能の向上、勃〇起力アップなど健康面にアプローチするものです。増大サプリの中には、性欲を向上させたり精子の質をアップさせるなど男性としての健康面に注目し、それぞれ有効的な栄養素が配合されているものもあります。比べて増大医薬品は「治療」が目的です。勃〇起不全に悩んでいるペ〇スをしっかりと勃つするように治療するのが医薬品ですので、それ以外の健康面はあまり注目されていません。
【結論】増大医薬品は増大に向いていない
増大に効果があるとされる医薬品ですが、実はペ〇スの物理的な増大には向いていません。あくまでも治療薬ですので勃〇起しないペ〇スを一時的に改善させるものがほとんどです。勃〇起力を向上させてくれる効果はあったとしても、男性機能の向上や活力アップといった健康面でのサポートは増大サプリメントの方が役立つでしょう。増大薬とは言うもののEDの改善が根本的な目的です。健康のサポート面ではサプリメントに劣ると考えてください